本文へ移動

ユニットケアとは

ユニットケアとは

 ■ユニットケアとは??
 入居者一人一人の尊厳を重視し、個人の自律を尊重するため施設の居室を1ユニット10人以下のグループに分けてそれぞれを1つの生活単位とし、少人数の家庭的な雰囲気(自宅での生活に近い日常生活)の中でケアを行なうものです。
食事や入浴、施設内の行事など日常生活はこのユニットごとに行います。
この形式を用いた特別養護老人ホームを従来型との比較により、新型特養とも言います。
 
■ユニットケアのメリット
①入居者のプライバシーがより多く確保された生活空間を持つことができます
②「自分の生活空間」と同ユニット内の「少人数の入居者が交流できる空間(共有スペース)」が区別でき、入居者のストレス軽減につながります。
③個室近くの共有スペースを設けることで、他の入居者と円滑な人間関係が築け、相互の交流が進みます。
④利用者の家族が気兼ねなく入居者を訪問できます
⑤インフルエンザ等の感染症の予防に効果があります
 
■ユニットケアのデメリット
 ユニットケアにすることにより、一般の居室(従来の4人部屋など)に比べて建築費用や光熱水費などの居住費が割高となる。つまり、入居者の利用負担額が大きくなります。
社会福祉法人ほのぼの会

〒691-0033
島根県出雲市万田町535-1
TEL.0853-63-5610
FAX.0853-63-5612

1.特別養護老人ホーム
 万田の郷(従来型) 
2.特別養護老人ホーム
 万田の郷(ユニット型)
3.万田の郷短期入所生活介護事業(従来型)
4.万田の郷短期入所生活介護事業(ユニット型)
5.万田の郷通所介護事業
6.まんだ居宅介護支援事業
7.あかねの里認知症対応型共同生活介護事業所
8.あかねの里通所介護事業所
9.しあわせの里認知症対応型共同生活介護事業所
10.介護老人保健施設まんだ(従来型)
11.介護老人保健施設まんだ(ユニット型)


0
2
0
9
6
0